SpreadsheetApp

【GAS】スプレッドシートに画像を挿入するinsertImageをマスター

スプレッドシートで資料などを作る際、画像を貼り付ける機会もあるかと思います。

通常のスプレッドシートの作業ですと、

貼り付けたい指定の場所のセルをクリック

挿入タブをクリックしセル内の画像もしくはセル上の画像をクリック

という大変長いプロセスがあってやっと画像が貼り付けられます。

セル内の画像であれば問題はないですが、セル上にするとサイズも調整しなければいけません。

そこで今回はinsertImageというメソッドを使って、

画像貼り付け 位置調整をスクリプトで設定してしまう方法をご説明していきます。

これが出来ると大量の画像貼り付け処理もストレスなく作れてしまいます。

続きを読む

【GAS】スプレッドシートのテキストスタイルを作成するnewTextStyleメソッドをマスター

スプレッドシートを作成する際に、文字の大きさや条件書式などを設定することがあります。

そのためテキストスタイルを変更する際に、

毎回同じ書式を使う場合でも同じ設定をするために時間がかかる

同じ報告書なのに他の人のスプレッドシートの文字の大きさや記載方法が違う

などの手間がかかってしまうことで効率が下がってしまうことがあります。

そのように手動で毎回設定するのではなく、スクリプトで書式などをあらかじめ設定することによって、

作業効率・ミスの低下・確認の簡素化

が出来るテキストスタイルの設定方法newTextStyleメソッドについて今回はご紹介します。

続きを読む

【GAS】スプレッドシートのフィルター条件を作成するnewRichTextValueメソッドをマスター

スプレッドシートでデータ入力や資料などを作成していく中で、URLリンクを貼り付けすることもあるかと思います。

また見た目にインパクトをつけるために特定の文章の一部を太字にするなどするなどの装飾加工をするときもあります。

一度しか使わない資料や同じURLリンクを貼り付けるだけであれば手動で入力することも可能です。

しかしながら大量のデータを扱ったり、都度内容を変える資料を手動で変更することは大変ですね。

そこで今回は作成者によってURLデータを変更したりする際に使用できるnewRichTextValueメソッドをサンプルスクリプトを使ってご紹介します。

続きを読む

【GAS】スプレッドシートの入力規則を作成するnewDataValidationメソッドをマスター

スプレッドシートを作成する際に指定された文字や数値以外を誤って入力してしまうことがあります。ダブルチェックをしたり他の人に確認してもらうことでミスを減らすことはできますが報告書など毎日作成するものや大規模なものを作成する場合マンパワーでは限界があります。

そこでスプレッドシートで使用できる機能としてデータの入力規則という設定があります。

入力規則を行うことで指定していない入力値を入力すると警告やエラー表示が出るため、作業ミスが大幅に低減されることができます。

今回はその入力規則をスクリプトから設定することが出来るnewDataValidationメソッドについてご紹介します。 続きを読む

【GAS】スプレッドシートのフィルター条件を作成するnewFilterCriteriaメソッドをマスター

スプレッドシートを使用している方の中にはデータを作成し管理している方も多いかと思います。大量のデータを管理していくとあるデータだけを抽出したいという状況も出てきます。

手動で設定して項目を抽出する方法もありますが、スクリプトで設定をすることによって手軽にフィルター作成ができてしまうnewFilterCriteriaメソッドについて今回はご紹介します。この機能を個別に設定すれば担当者毎に別のフィルターを設定することができますので間違った所に記入してしまうというミスを防ぐことができます。

続きを読む

【GAS】スプレッドシートの条件付き書式を作成するnewConditionalFormatRuleメソッドをマスター

スプレッドシートを作成する際に特定の条件(空白だったら色をつける、この文字の時は太字にするなど)を設定させたい時があります。表示形式から条件付き書式をクリックして毎回設定する方法でもいいのですが毎回作成するような報告書などに同じ設定を手動で行うとミスが発生したり作業時間がかかってしまいますよね。

そこで今回はスクリプトで条件付き書式を設定できるメソッドをご紹介します。

続きを読む

【GAS】スプレッドシートで使用できるsetActiveメソッドをマスター

以前こちらの記事でgetActiveメソッドを使い現在のスプレッドシートの範囲やシートをなどを取得する方法を説明しました。

[GAS] スプレッドシートで使用できるgetactiveメソッドをマスター

今回ご紹介するsetActiveメソッドでは取得ではなく、スプレッドシートの範囲を指定するメソッドです。

getActiveメソッドは現在範囲になっている箇所を取得したりシートを取得する事が可能になりますが、setActiveメソッドではシートを指定したり範囲を指定することが可能になります。

続きを読む

【GAS】スプレッドシートで使用できるgetactiveメソッドをマスター

スプレッドシートでのデータ管理をしていく中で、作業者が特定のスプレッドシート内で作業を行った時だけ起動をするスクリプトや特定のセルに入力が行われた際だけ起動するスクリプトを設定したい方もいるかと思います。

今回は今作業者が開いている、入力している範囲がどこなのかを取得できるgetactiveメソッドをご紹介します。
続きを読む

【GAS】スプレッドシートを新規作成するcreateメソッドをマスター

スプレッドシートでデータを管理する方の中には報告書作成や日々のデータ管理をすることがあります。すでに作成済みのスプレッドシートを更新しながら管理していく事が多いかと思いますが、新規でスプレッドシートを作成しデータを管理していく方法もあると思います。

その場合、毎回手作業でスプレッドシートを作成しファイル名を指定する、もしくは行数・列数を手動で削除してレイアウトを調整していく事が繰り返しの作業になると非効率でミスなども増えていくのではないかと思います。

そこで今回はスプレッドシートをスクリプトで新規作成する方法や行数・列数などを指定し、レイアウトを簡単に調整していく方法を紹介します。

続きを読む

GASを使って一覧表からハイパーリンクURLを一瞬で抽出する

eyeCatchForGetUrlFromHyperlink

Google Discoverのフィードに下記の記事が流れてきていたので、Google Apps Scriptを活用したソリューションをご紹介したいと思います。

スプレッドシートでハイパーリンクからURLを抽出する方法は結局これが一番簡単なんじゃないかな? – 株式会社LIG

実はこの会社、私が以前転職活動をしていた時に事業内容などが私がやってみたい内容だなぁと感じて、なんとか面接まで行きたい!と思って転職エージェントの担当者に相談した会社だったのです。そこで担当者から頂いたアドバイスで『熱い志望理由』をA4サイズ1枚でまとめて提出した会社でしたので、なんとなく会社名が目に飛び込んできて記事をクリックしていたのでした。

熱い志望理由は何度も修正を重ねて数時間かけて書きましたが、結果は書類審査落ちでしたけどね(笑)

まぁ私の個人的なくだらない話は置いといて、今回は記事にあるようなハイパーリンクからURLを効率よく取得するGASを活用したソリューションをご紹介致します。

続きを読む