gsuite

【GAS】2つのcreateCalendarメソッドを完全マスター

icon_for_CalendarApp_ createCalendar

新しいカレンダーを作成するメソッド — createCalendar

Googleが提供しているリファレンスはとても詳しく書いてあるのですが、英語のみの提供のためハードルが高く感じる人も少なくないと思います。そのハードルを少しでも低くし、より多くの人にGoogle Apps Scriptを使えるようになってもらいたいという思いから日本語のリファレンスページを用意しています。

このページでは、予定を作成するcreateCalendar()の使い方を紹介します。

続きを読む

Google Apps Scriptの魅力を10分で解説

スクリプトエディタ

初回のトピックは『Google Apps Scriptとは』という疑問にお答えするところから始めたいと思います。

Google Apps Scriptとは、Javascriptと呼ばれるプログラム言語を元にしてGoogleが開発したスクリプト言語です。スクリプト言語とは、要するに比較的簡単なプログラム言語のことです。Googleが開発した言語だけあり、Googleが提供しているG Suiteアプリ(Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライド、Googleカレンダー等)との親和性が高く、手動でできる操作はほぼ全てプログラムからも実行ができます。とても連携がしやすいプログラム言語と言えるでしょう。

MicrosoftのExcelでもマクロ機能というプログラムを利用してワンクリックでいろいろな処理を実行できたりしますが、Google Apps Scriptでも同じような機能はもちろん、アイディア次第ではそれ以上のプログラムを実現することができるのがGoogle Apps Scriptというプログラム言語となります。

ここからはGoogle Apps Scriptのいいところや、オススメする理由を説明していきます。

続きを読む

今日からGoogleカレンダーで使えるGASのコード一覧

icon_for_CalendarApp

CalendarAppの概要

CalendarAppとは、Google Apps Scriptでカレンダーの操作を行う際に利用するコードのことですが、CalendarAppに用意されているメソッドでは、次のような操作がプログラム上で実行できます。

  • 既存予定から情報取得
  • 新規カレンダーの作成
  • 既存予定の修正
  • 既存予定の削除

特に指定をしなければ、実行者のデフォルトカレンダーに対して操作を行いますが、追加したカレンダーに対しても同じようにプログラムから読み書きができます。

続きを読む

GASで操作できる12個のG Suiteサービスを徹底解説

スクリプトエディタ

Google Apps Scriptでは、Googleが提供しているコアサービスとの親和性が高く、それぞれのサービスに対応する専用コードが多数用意されています。この専用コードを使えるようになることで、今まで手作業で行っていたことが自動化できたり、それぞれのコアサービスを連携したりできるようになります。

Google Apps Scriptはとても便利なプログラム言語なのですが、公式リファレンスは英語のみでの提供となるため、少しハードルが高いと感じる方も少なくないのではないでしょうか?ここでは、そのハードルを少しでも低く感じられるようにすべてのコードを日本語で解説しています。

続きを読む