【GAS】カレンダーの予定に設定したタグの値を取得するgetTagメソッドを完全マスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
icon_for_CalendarApp_ getTag

予定に設定したタグの値を取得する— getTag()

今回のメソッドは、予定に設定した任意のデータ(タグ)の値を取得するgetTag()メソッドを紹介します。

setTag()メソッドによってタグを設定したら、次は設定したタグの値を取得して他のプログラムで活用する方法を学んでいきましょう。タグに設定した値を取得するためには、getTag()メソッドを使ってタグ名を指定することで設定したタグの値を取得することができます。使い方はとても簡単なので、下記のコードを参考に使い方をマスターしてしまいましょう。

      1. getTag(key)

『 引数に入れる値 』

    • key(文字列) — タグ名を指定

getTag(key)

サンプルコード1
//予定に設定したタグの値を取得するコード
function sampleCode1() {
  var calendar = CalendarApp.getDefaultCalendar();
  var date = new Date(); 
  var events = calendar.getEventsForDay(date);
  var key = "タグ名";
  var value = "タグの値";
  for (var i in events) {
    var event = events[i];
    event.setTag(key, value);
    Logger.log(event.getTag(key));
  }
}

『 変数の説明 』

calendar = デフォルトカレンダーを取得
date = プログラム実行日を代入
events = プログラム実行日の予定を取得
key = タグ名を代入
value = タグの値を代入

スクリプトができたら▶ボタンでプログラムを実行してみましょう。今回のコードではプログラム実行日の予定にタグを設定して、タグ名からタグの値を取得してログに表示するコードを書いてみました。タグ名が存在しなければ返り値は『null』となりますが、タグ名が存在すればタグに設定した値が取得できます。プログラムの実行が終了したらCtrl + Enterを打鍵してログを確認してみましょう。タグは通常のカレンダーUIでは確認や編集ができませんので、プログラム的に必要な情報はタグに格納して人為ミスによってプログラムで使用する値が削除されたり編集されたりしないように予防しましょう。

まとめ

今回は予定に設定したタグの値を取得するgetTag()メソッドのご紹介をしました。プログラム的に使用するだけの値は極力タグに格納して誤操作によって値が削除されたり編集されたりしないように工夫ができるといいですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*