【GAS】getGuestByEmailメソッドを完全マスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
icon_for_CalendarApp_ getGuestByEmail

Eメールアドレスを指定してゲストを取得— getGuestByEmail()

今回のメソッドは、プログラムを使ってEメールアドレスを指定してゲストを取得するメソッドを紹介します。

指定するEメールアドレスはGmailでなくても問題はありません。アドレスを指定してゲストにそのアドレスのユーザーが存在すればGuestオブジェクトを返します。Guestオブジェクトで使用できるメソッドはこちらの一覧ページに記載されているものが利用可能です。もし指定したアドレスのユーザーがゲストに存在しなければ返り値はnullとなります。これによって、複数の予定を検索して指定するユーザーが存在する予定に対してのみ実行される処理などを行うことができます。

    1. getGuestByEmail(email)

『 引数に入れる値 』

  • email(文字列) — チェック対象のEメールアドレスを指定

getGuestByEmail()

サンプルコード1
//アドレスを指定してゲストを取得するコード
function sampleCode1() {
  var calendar = CalendarApp.getDefaultCalendar();
  var date = new Date(); 
  var events = calendar.getEventsForDay(date);
  var email = ""; //対象のEメールアドレスを指定
  for (var i in events) {
    var event = events[i];
    /*イベントIDで指定するときには下記のコード
      var eventId = events[i].getId();
      var event = calendar.getEventById(eventId);
    */
    var guest = event.getGuestByEmail(email);
    Logger.log(guest);
  }
}

『 変数の説明 』

calendar = デフォルトカレンダーを取得
date = プログラム実行日を代入
events = プログラム実行日に作成済みのイベントを取得
guest = ゲストオブジェクトを代入

スクリプトができたら▶ボタンでプログラムを実行してみましょう。プログラムが終了すればguestという変数にGuestオブジェクトが代入されます。ログを確認するとEventGuestと表示されていればゲストオブジェクトが取得されています。指定したアドレスがなければnullが表示されます。ちなみに、ゲストだけでなく、オーナーもこのアドレスで指定すればGuestオブジェクトとして取得することができます。

まとめ

今回はEメールアドレスを指定してゲストを取得するメソッドを紹介しました。Guestオブジェクトからはアドレスやゲストの名前、ゲストのステータス(出席、欠席など)を取得できますので、組み合わせることでより複雑な処理を実行できるようになります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*