【GAS】deleteEventメソッドを完全マスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
icon_for_CalendarApp_ deleteEvent

カレンダーイベントを削除するメソッド— deleteEvent()

今回のメソッドは、プログラムを使ってカレンダーイベント(予定)を削除するメソッドを紹介します。

プログラム的に予定を削除するメソッドは1つしかありませんので、終日予定にも定期予定にも時間指定の予定にも使用することができます。

    1. deleteEvent()

削除された予定は、ゴミ箱に入れられ、一定期間(30日間)は復元可能な状態で保持されます。間違えて削除してしまった場合でも落ち着いて復元をしてみましょう。

『 引数に入れる値 』

今回のメソッドに関しては引数は必要ありません。

deleteEvent()

サンプルコード1
//予定を削除するコード
function sampleCode1() {
  var calendar = CalendarApp.getDefaultCalendar();
  var date = new Date(); 
  var events = calendar.getEventsForDay(date);
  for (var i in events) {
    var event = events[i];
    /*イベントIDで指定するときには下記のコード
      var eventId = events[i].getId();
      var event = calendar.getEventById(eventId);
    */
    event.deleteEvent();
  }
}

『 変数の説明 』

calendar = デフォルトカレンダーを取得
date = プログラム実行日を代入
events = プログラム実行日に作成済みのイベントを取得

スクリプトができたら▶ボタンでプログラムを実行してみましょう。プログラムが終了すれば実行した日にデフォルトカレンダーに作成済みの予定がすべて削除されてゴミ箱に入れられます。

まとめ

今回はプログラム的に予定を削除するメソッドを紹介しました。それほど難しくありませんので、サンプルコードを参考に使い方をマスターしてしまいましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*