【GAS】unsubscribeFromCalendarメソッドを完全マスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
icon_for_CalendarApp_ unsubscribeFromCalendar

他アカウントのカレンダーを自分のカレンダーから登録解除するメソッド — unsubscribeFromCalendar

今回のメソッドは、表示設定をしている他アカウントのカレンダーを自分のGoogleカレンダー上から登録を解除(非表示に)にするunsubscribeFromCalendar()メソッドを紹介します。こちらのメソッドの注意点としては、自分がオーナーのカレンダーに対して使用とするとエラーになります。登録解除するためのコードなので、元のアカウントオーナーのカレンダー上には影響を与えません。(削除されません)

それでは、説明を始めます。

他アカウントのカレンダーは通常Googleカレンダーのページ上の左下に表示されている『他のカレンダー』という部分の下に表示されています。

  1. unsubscribeFromCalendar()

『 引数に入れる値 』

今回のメソッドに関しては引数は必要ありません。

unsbscribeFromCalendar()

サンプルコード1
//他アカウントのカレンダーを非表示にするコード
function sampleCode1() {
  var calendarId = ""; //非表示にしたいカレンダーIDを指定
  var calendar = CalendarApp.getCalendarById(calendarId);
  calendar.unsubscribeFromCalendar();
}

『 変数の説明 』

calendarId = 非表示にしたいカレンダーID
calendar = 非表示にしたいカレンダーを取得

スクリプトができたら▶ボタンでプログラムを実行してみましょう。実行が終了するとcalendarIdに指定した他アカウントが自分のGoogleカレンダーから表示されなくなっていると思います。もしGoogleカレンダーのページを開いた状態のままプログラムを実行して対象のカレンダーがそのまま表示されている場合はページをリロードしてみてください。

まとめ

今回は他アカウントのカレンダーを非表示にするメソッドを紹介しました。こちらのメソッドとは反対に他アカウントのカレンダーを自分のGoogleカレンダー上に表示させるメソッドはsubscribeToCalendar()というメソッドを使用します。詳しい使い方はこちらのリンク先をご参照ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*