【GAS】CalendarAppのsetColorメソッドを完全マスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
icon_for_CalendarApp_ setColor

カレンダーや予定の色を設定するメソッド — setColor

今回はカレンダーの色を設定するsetColorメソッドをご紹介します。読んで字のごとく、カレンダーに色(カラー)をセットします。やり方はとてもシンプルなのでささっと覚えてしまいましょう。まずは、カレンダーの色ってどこのことだ?という疑問の解消から今回の投稿はスタートしたいと思います。

getColorメソッドの説明でも簡単に説明していますが、カレンダーの設定色とは、『【GAS】getAllCalendarsメソッドを完全マスター』で紹介しているカレンダー名の左側にある四角いチェックボックスの色だったり、予定を作成した際の予定の色がそのカレンダーの設定色になります。

早速メソッドの説明に移ります。

  1. setColor(color)

『 引数に入れる値 』

  • color(カレンダーの設定色) — 十六進法のカラーコードか色指定GASの色指定コード

setColor(color)

サンプルコード1
//デフォルトカレンダーの設定色をオレンジ色にするコード
function sampleCode1() {
  var color = "#B1365F"; //オレンジ色を指定しています。
  //var color = CalendarApp.Color.ORANGE;
  CalendarApp.setColor(color);
}

『 変数の説明 』

color = 色を指定(CalendarApp.Color.ORANGEと記載しても同じ処理になります)

指定できる色は公式リファレンスのこちらのページに一覧表があります。他の色にしたい場合は、#B1365FやORANGEの部分を変更してみて下さい。

スクリプトができたら▶ボタンでプログラムを実行してみましょう。実行が終了したらカレンダーを表示してみましょう。デフォルトカレンダーの色がオレンジ色に変わっていたらプログラムは無事終了しています。カレンダーを既に開いている場合は一度ページをこうしんしてからカレンダーの色を確認してみて下さい。

『スクリプトの説明』

スクリプト起動前のカレンダー

色変更前

スクリプト起動後のカレンダー

色変更後

色が変わっていることが確認できますね。

まとめ

今回のコードでは、カレンダーの設定色を変更するコードをご紹介しました。条件にマッチしたカレンダーは色を変えるなどすればビジュアル的にも状態を確認がしやすくなるかもしれませんね。

すべてのサンプルコードはコピーしてスクリプトエディタに貼り付けることでそのまま利用が可能です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*