【GAS】getDefaultCalendarメソッドを完全マスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
icon_for_CalendarApp_ getDefaultCalendar

デフォルトカレンダーを取得するメソッド — getDefaultCalendar

今回のメソッドではアカウントのデフォルトカレンダーを取得するgetDefaultCalendar()メソッドの使い方を説明します。このメソッドを使えば、自分のデフォルトカレンダーを一発で取得することができます。デフォルトカレンダーとは、自分がGoogleアカウントを作成時にすでにあるカレンダーのことになります。今回は簡単な方法でデフォルトカレンダーを取得する方法を身につけていきましょう。

それでは、早速今回のメソッドの説明に移ります。

  1. getDefaultCalendar()

『 引数に入れる値 』

今回のメソッドに関しては引数は必要ありません。

getDefaultCalendar()

サンプルコード1
//デフォルトカレンダーオブジェクトを取得するコード
function sampleCode1() {
  var calendar = CalendarApp.getDefaultCalendar();
  var name = calendar.getName();
  Logger.log(name);
}

『 変数の説明 』

calendar = アカウントのデフォルトカレンダーを取得して代入
name = カレンダー名を代入

スクリプトができたら▶ボタンでプログラムを実行してみましょう。実行が終了したらログを確認してみましょう。ログに表示されるカレンダー名がアカウントのデフォルトカレンダーになります。

まとめ

今回のコードは、アカウントのデフォルトに設定されているカレンダーを取得するメソッドをご紹介しました。簡単にデフォルトカレンダーを取得ができますので、ぜひご活用下さい。カレンダーが取得できた後は、予定を作成したり削除したりしてプログラムに処理させたい動作を組み合わせて観て下さい。

すべてのサンプルコードはコピーしてスクリプトエディタに貼り付けることでそのまま利用が可能です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*