【GAS】CalendarAppのgetColorメソッドを完全マスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
icon_for_CalendarApp_ getColor

カレンダーの設定色を取得するメソッド — getColor

今回はカレンダーの設定色を取得するメソッドを紹介します。カレンダーの設定色とは、『【GAS】getAllCalendarsメソッドを完全マスター』で紹介しているカレンダー名の左側にある四角いチェックボックスの色だったり、予定を作成した際の予定の色がそのカレンダーの設定色になります。今回はカレンダーの設定色を取得する方法を学んでいきましょう。

CalendarAppにそのまま今回ご紹介するgetColor()メソッドを利用すると、そのアカウントのデフォルトカレンダーの16進カラーコードを取得出来ます。getCalendar系メソッドで取得したカレンダーオブジェクトに対してgetColor()メソッドを利用すると取得したカレンダーの設定色が取得できます。イベントオブジェクトに対しては予定の設定色が取得出来ます。

それでは、今回のメソッドの説明に移ります。

  1. getColor()

『 引数に入れる値 』

今回のメソッドに関しては引数は必要ありません。

getColor()

サンプルコード1
//デフォルトカレンダーの設定色を16進カラーコードで取得するコード
function sampleCode1() {
  var color = CalendarApp.getColor();
  Logger.log(color);
}

『 変数の説明 』

color = デフォルトカレンダーの設定色を代入

スクリプトができたら▶ボタンでプログラムを実行してみましょう。実行が終了したらログを確認してみましょう。指定したカレンダー名がログに表示されていればプログラムは無事終了しています。

まとめ

今回のコードは、カレンダーの設定色を取得するコードです。色が重要になる場面はそれほどないかとは思いますが、条件分岐などに利用することも出来ますので覚えておいて損はないメソッドになります。

すべてのサンプルコードはコピーしてスクリプトエディタに貼り付けることでそのまま利用が可能です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*