【GAS】getCalendarByIdメソッドを完全マスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
icon_for_CalendarApp_ getCalendarById

カレンダーIDから特定のカレンダーを取得するメソッド — getCalendarById

今回はアカウントに接続されているカレンダーのうち、カレンダー毎に割り振られた一意のカレンダーIDで特定のカレンダーを取得するメソッドを紹介します。

まずは、カレンダーIDの確認方法から説明します。Google Apps ScriptのCalendarAppを使いこなせるようになるとプログラムでIDを取得(getId()メソッド)することも出来るようになりますが、今回は手動でIDを確認する方法をご紹介します。

まずはGoogleカレンダーにアクセスして、どのカレンダー名でも良いので、カレンダー名の右にある『︙』をクリックして下さい。

カレンダーIDの取得方法①

次に、表示されたメニューから『設定と共有』を選択します。

カレンダーIDの取得方法②

すると、カレンダーの設定画面に遷移します。下図のように画面左側の項目から『カレンダーの統合』をクリックして下さい。クリックすると右側の設定詳細がカレンダーの統合エリアに移動します。カレンダーIDの取得方法③

移動したエリアに書いてあるカレンダーIDという部分がカレンダーのIDになります。

カレンダーIDの取得方法④

普段はあまり確認することはないかと思いますが、カレンダーにはこのように一つ一つIDが設定されています。今回のメソッドではこのIDを利用してカレンダーオブジェクトを取得出来ます。

それでは、メソッドの説明に移ります。

  1. getCalendarById(id)

『 引数に入れる値 』

  • id(カレンダーID) — 取得したいカレンダーのID

getCalendarById(id)

サンプルコード1
//カレンダーIDからカレンダーを取得するコード
function sampleCode1() {
  var id = "calendarId"; //ご利用の際はご自身のアカウントに紐付けられているカレンダーのIDに置き換えて下さい。
  var calendar = CalendarApp.getCalendarById(id);
  var calendarName = calendar.getName();
  Logger.log(calendarName);
}

『 変数の説明 』

calendar = カレンダーIDを指定したカレンダーオブジェクトを格納
calendarName = カレンダーの名前を格納

スクリプトができたら▶ボタンでプログラムを実行してみましょう。実行が終了したらログを確認してみましょう。指定したIDのカレンダー名が出てくればプログラムは無事終了しています。

『スクリプトの説明』

変数calendarにはカレンダーIDで指定したカレンダーオブジェクトが格納され、getName()メソッドを使ってカレンダーオブジェクトからカレンダー名を取得して変数calendarNameに代入し、Logger.log(calendarName)でログにカレンダー名を出力させています。

まとめ

今回のコードでは、カレンダーIDを自分で指定し、特定のカレンダーオブジェクトを取得するメソッドをご紹介しました。こちらのメソッドもCalendarAppの中では使用頻度の高いメソッドになりますので、ぜひ使い方をマスターしましょう。

すべてのサンプルコードはコピーしてスクリプトエディタに貼り付けることでそのまま利用が可能です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*