【GAS】setGuestsCanSeeGuestsメソッドを完全マスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
icon_for_CalendarApp_setGuestsCanSeeGuests

予定のゲストがゲストリストを表示できる権限を変更する— setGuestsCanSeeGuests()

今回のメソッドは、予定のゲストがゲストリストを表示できる権限を変更するためのsetGuestsCanSeeGuests()メソッドをご紹介します。

以前、guestsCanSeeGuests()メソッドでゲストリストを表示する権限の有無を確認するための方法をご説明しましたが、今回はその権限を設定するためのメソッドをご紹介します。GoogleカレンダーのUI上では、下記のスクリーンショットで示した場所で権限は編集可能です。

ゲストリストの表示権限設定

赤枠で囲われた部分にチェックが入っていればゲストは予定のゲストリストを表示することができ、このチェックボックスの下に招待済みのゲスト名が表示されるようになります。今回のメソッドでは、プログラムでこのチェックをつけたり外したりするやり方です。

        1. setGuestsCanSeeGuests(guestsCanSeeGuests)

『 引数に入れる値 』

  • guestsCanSeeGuests(Boolean) — true/falseで指定

setGuestsCanSeeGuests(guestsCanSeeGuests)

サンプルコード1
//ゲストが予定のゲストリストを表示する権限を変更するコード
function sampleCodeForCalendarAppSetGuestsCanSeeGuests() {
  var calendar = CalendarApp.getDefaultCalendar();
  var date = new Date(); 
  var events = calendar.getEventsForDay(date);
  var guestsCanSeeGuests = false;
  for (var i in events) {
    var event = events[i];
    event.setGuestsCanSeeGuests(guestsCanSeeGuests);
  }
}

『 変数の説明 』

calendar = デフォルトカレンダーを取得
date = プログラム実行日を代入
events = プログラム実行日の予定を取得
guestsCanSeeGuests = 招待権限をtrue/falseで設定
event = 個々予定を取得

スクリプトができたら▶ボタンでプログラムを実行してみましょう。今回のコードではプログラム実行日の予定に対して、ゲストがゲストリストを表示する権限を削除するコードを書いてみました。プログラムの実行が完了したら、予定のゲスト権限を確認してみましょう。権限を付与したい場合は、false を trueに変更するだけで対応ができます。

まとめ

今回は予定のゲストがゲストリストを表示する権限を変更するsetGuestsCanSeeGuests()メソッドのご紹介をしました。切り替えはtrue/falseを指定するだけで良いので、とても簡単に切り替えを行うことができます。機会があれば活用してみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*