【GAS】setLocationメソッドを完全マスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
icon_for_CalendarApp_setLocation

予定の場所を設定する— setLocation()

今回のメソッドは、予定の場所を設定するsetLocation()メソッドを紹介します。

今回は作成済みの予定に対し、予定の場所を設定するsetLocation()メソッドを紹介します。予定の場所とは、下記のスクリーンショットで赤枠で囲われた部分です。

予定の場所

この部分に情報(地名/住所/座標)を入力すると、詳細画面表示前の画面でも、場所を確認することができるようになります。

予定の場所

予定に場所を設定しておくと、ワンクリック/ワンタップでGoogle マップを起動できますので、運用効率の向上が期待できますので、できる限り設定しておくほうが良いと思います。

場所によっては表記の住所と実際の場所が違う場合もありますので、座標がわかれば座標を設定しておくほうが間違った住所に案内されることもなくなるかと思います。

      1. setLocation(location)

『 引数に入れる値 』

    • location(文字列) — 設定したい場所を住所/地名/座標のいずれかで指定

setLocation(location)

サンプルコード1
//予定の場所を設定するコード
function sampleCodeForCalendarAppSetLocation() {
  var calendar = CalendarApp.getDefaultCalendar();
  var date = new Date(); 
  var events = calendar.getEventsForDay(date);
  var location = "スカイツリー";
  for (var i in events) {
    var event = events[i];
    event.setLocation(location);
  }
}

『 変数の説明 』

calendar = デフォルトカレンダーを取得
date = プログラム実行日を代入
events = プログラム実行日の予定を取得
location = 予定の場所を代入

スクリプトができたら▶ボタンでプログラムを実行してみましょう。今回のコードではプログラム実行日の予定の場所に『スカイツリー』と設定するコードを書いてみました。先述の通り、予定の場所には『地名』『住所』『座標』の3種類の情報を設定することができます。一般的な地名でない場合はGoogleマップにはリンクされませんが、Googleマップで認識できる情報であれば設定場所へのナビなどへ簡単に移行できるようになります。

setLocation

プログラム実行前後のイメージ

上記のコードをコピーして実行したあとにご自身のカレンダーを開いて予定を確認してみましょう。

もしすでにカレンダーを開いていてプログラム実行後も予定の場所が設定されていなければ、一度ページをリロードして確認してみて下さい。

まとめ

今回は予定の場所を設定するsetLocation()メソッドをご紹介しました。場所を設定しておくと簡単にGoogle マップとリンクができますので、ぜひ活用してみて下さい。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*