【GAS】CalendarApp.setDescriptionメソッドを完全マスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
icon_for_CalendarApp_setDescription

予定の詳細情報を設定する— setDescription()

今回のメソッドは、予定の詳細情報を設定するsetDescription()メソッドを紹介します。

今回は作成済みの予定に対し、予定の詳細を設定するsetDescription()メソッドを紹介します。予定の詳細とは、下記のスクリーンショットで赤枠で囲われた部分です。

予定の詳細情報

この部分に情報を入力すると、詳細画面表示前の画面でも、内容を確認することができるようになります。

予定の詳細

予定のタイトルはシンプルにまとめ、詳細な内容はこの中に入力することですっきりとした見やすいカレンダーを使うことができます。

      1. setDescription(description)

『 引数に入れる値 』

    • description(文字列) — 設定したい詳細情報を指定

setDescription(description)

サンプルコード1
//予定の詳細情報を設定するコード
function sampleCodeForCalendarAppSetDescription() {
  var calendar = CalendarApp.getDefaultCalendar();
  var date = new Date(); 
  var events = calendar.getEventsForDay(date);
  var description = "Google Apps Scriptに関するブログを執筆する\n\n" +
                     "『執筆予定のコンテンツ』\n" +
                     "CalendarApp.setAllDayDate()\n" +
                     "CalendarApp.setAllDayDates()\n" +
                     "CalendarApp.setColor()\n" +
                     "CalendarApp.setDescription()\n" +
                     "CalendarApp.setTitle()\n";
  for (var i in events) {
    var event = events[i];
    event.setDescription(description);
  }
}

『 変数の説明 』

calendar = デフォルトカレンダーを取得
date = プログラム実行日を代入
events = プログラム実行日の予定を取得
description = 予定の詳細を代入

スクリプトができたら▶ボタンでプログラムを実行してみましょう。今回のコードではプログラム実行日の予定の詳細を設定するコードを書いてみました。予定を設定する場合は、文字列で入力することができます。

プログラム上では、改行しても実際の詳細入力文字列では改行がされません。『\n』が改行をするための文字になりますので、改行したい場所に入れるようにしましょう。

1行改行につき『\n』が1つ必要です。複数行改行したい場合には改行をしたい数量分文字列として『\n』を挿入して下さい。

setDescription

プログラム実行前と実行後のイメージ

上記のコードをコピーして実行したあとにご自身のカレンダーを開いて予定を確認してみましょう。

もしすでにカレンダーを開いていてプログラム実行後も予定の詳細が設定されていなければ、一度ページをリロードして確認してみて下さい。

まとめ

今回は予定の詳細を設定するsetDescription()メソッドをご紹介しました。詳細情報は予定において非常に重要な情報を持つことになると思いますので、こちらのメソッドを習得して使いやすいカレンダー運用を目指しましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*