0年 0月 の投稿一覧

【GAS】getEventsメソッドを完全マスター

icon_for_CalendarApp_ getEvents

条件に一致するカレンダーイベントを一括で取得するメソッド — getEvents

今回は既に作成済みの複数の予定を日付や作成者等の条件に従って一度に取得するgetEventsメソッドの説明をしたいと思います。今回のコードではGoogle Apps Script特有の特徴を学ぶ事ができます。

Google Apps Scriptは以前は処理速度が遅いと言った声や処理の上限時間が短いと言った言葉がネット上でも散見されましたが、殆どの場合はコードの書き方に問題がありました。大量の予定を一つずつシステムで取得してしまうと処理速度は遅くなってしまう可能性がありますが、そのような場合には今回ご紹介するような一気にデータを取得できるようなメソッドを利用してみましょう。100件あっても200件あっても1度の処理でデータを取得できますので、Google Apps Sriptを使う上ではこのような処理を極力行うようにすることを必ず頭に入れておきましょう。

続きを読む

【WEBアプリデモ】GAS×Chart APIでガントチャートを作成

スプレッドシートでプロジェクト管理や工程管理を行っている人も少なくないと思いますが、スプレッドシートではデータのメンテナンスが煩雑であったり、組んでいた関数を変更されてしまったりと情報のメンテナンスという意味ではいろいろと面倒な場面に遭遇することが少なくありません。

今回は、Google Apps ScriptのHtmlServiceというメソッドを利用して、自分の好みに合わせたレイアウトでガントチャートの情報を更新したりチャートを閲覧したりということが行えるWEBアプリをご紹介します。

続きを読む

【GAS】CalendarAppのgetEventByIdメソッドを完全マスター

icon_for_CalendarApp_ getEventById

任意のカレンダーイベン卜を取得するメソッド — getEventById

今回は任意のカレンダーイベントを取得するメソッドを紹介します。以前はイベントIDで予定を取得することができなかったという投稿がネット検索では未だに残っていますが、今ではイベントIDから予定に直接アクセスすることが出来るようになっています。

今回はこのメソッドの説明をしたいと思います。

続きを読む

【GAS】CalendarAppのgetDescriptionメソッドを完全マスター

icon_for_CalendarApp_ getDescription

カレンダーの説明文を取得するメソッド — getDescription

今回のメソッドではアカウントのカレンダーの説明文を取得するgetDescription()メソッドの説明を致します。そもそも説明文ってどこ?という疑問をお持ちの方もいるかと思いますので、説明文の場所も説明しようと思います。

説明文の内容を分岐の条件などに使えるかもしれませんね。

続きを読む